鎮魂祈祷の業

運命を好転させる奇跡の神業

「鎮魂祈祷の業(ちんこんきとうのわざ)」とは、饒速日命(にぎはやひのみこと)が天降りする際に、天神御祖(あまつかみみおや)から授けられたとする「十種神宝(とくさのかむたから)」の御力に由来するもので、病苦を消しさり、死者をもよみがえらせるほどの「究極のヒーリング」として口伝継承されてきた古神道の秘術です。

古神道における「鎮魂」という言葉は、霊を弔う意味ではなく、「活力を与える・復活を促す・甦る・悪を祓う」などの好転的な意味で使われます。
この「鎮魂祈祷の業」を受けることで、魂のあらゆる罪穢れ(ケガレ=気枯れ)が浄化され、魂の活力が高められ、あらゆる苦悩・不幸の根本原因を解消していきます。その結果、人間本来の自然治癒力や生命力が促進され、病貧争災を根絶して心身の健康と美容を取り戻します。さらに潜在能力が最大化され、運命も好転して幸運に恵まれるようになります。

例えば、こんなときに力になります

病気や体調不良で悩んでいる
仕事の不振や失業など、家計が苦しい
家族や親せき、職場などの人間関係がうまくいかない
育児や子どものことで悩んでいる
突然の不幸や災難に見舞われてしまった
大規模地震や環境汚染など、今後の災害が心配
霊的な問題で苦しんでいる …など

初穂料

体験版

5千円

特別版

1万5千円

※御神前にて完全貸切で行います。

古神道宗家の秘術の素晴らしさを体験してみませんか。

  • 御神託のお取り次ぎ
    神様が直接行われる「神業(かむわざ)」です。
  • 鎮魂祈祷の業
    究極のヒーリングとして口伝継承されてきた古神道の秘術。
  • 古神道入門講座
    古神道宗家に口伝継承されてきた叡智をオンラインで学べます。