金吾龍神社について

御祭神

御本社

主祭神

大元尊神(だいげんそんしん)

大元尊神は「大元」の御名のとおり、万神に先駆けて存在する「神のはじめの神」であり、宇宙世界、大自然の形成、摂理、天地万物を造化育成される最も尊い根源神であります。

配祀神

国常立尊(くにとこたちのみこと)

最古の正史『日本書紀』において天地開闢のときに最初に現われた神です。
完成した大地を神格化した国土生成の中心的な神で、古神道では「国祖」として重視されています。

大山祇神(おおやまつみのかみ)

山を司る神で、火の神(かぐつち)から生まれたとされています。
八岐大蛇(やまたのおろち)神話で素戔嗚尊(すさのおのみこと)の妻となる奇稲田姫(くしなだひめ)の両親(あしなづち・てなづち)の父。また、天孫降臨神話で瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の妻となる木花開耶姫(このはなさくやひめ)の父でもあり、初代・神武天皇の曾祖父にあたります。

綿津見神(わだつみのかみ)

海を司る神で、竜宮に棲む竜王・龍神といわれています。
古代を代表する海神族の祖神で、豊玉姫と玉依姫という二人の娘がおりました。
海幸山彦の神話で姉の豊玉姫は山幸彦の妻となり、生まれた子が妹の玉依姫が結ばれて神武天皇が誕生します。

奥宮

荒波々幾大神(あらはばきのおおかみ)

太古より信仰されてきた謎多き神で、太陽、月、大地、生命力を司る龍神といわれています。

● 御神徳
病気平癒、開運厄除、商売繁盛、家庭円満、子孫繁栄、交通安全、海上安全、諸願成就、国土安穏、世界平和など

摂社・末社

稲荷神社

保食神(うけもちのかみ)

食物の神。「稲荷神」「字迦之御魂神」と同一視されることもあります。
江戸時代に進出した和人の崇敬者によって勧請されたといわれています。

白龍神社

白龍大神(はくりゅうのおおかみ)

龍神または白蛇の神です。
三輪山の蛇神伝説(大物主)、弁財天の化身、アイヌの白蛇姫など、あまたの伝説があります。

御由緒・歴史

金吾龍神社は、北海道小樽市と余市町の境界となる西崎山の尾根(フゴッペ岬の付け根)に鎮座しております。この地は太古の昔から聖地とされ、周辺は大小100以上の環状列石(ストーンサークル)や有名なフゴッペ洞窟壁画、多数の集落や貝塚など、国内でも稀有な縄文遺跡の密集地帯として知られています。当社の創始年代は不詳ながらもかなり古く、境内地から出土した祭祀用の縄文土器などの分析から、約5000年以上前から祭祀が行われていたと推測されています。

当社はもともと社殿を持たず、フゴッペ岬を御神域とした原初的な祭祀形態で、自然崇拝が行われてきました。縄文時代の磐座信仰に始まり、中世にはチャシ(聖館)が築かれ、やがて江戸時代には神仏習合の慣習がもたらされ祠堂が設けられました。この祠堂は明治時代の廃仏毀釈運動により滅失しましたが、その後、教派神道の一派に所属し、本格的な拝殿が造営され、戦前には北海道随一の龍神神社と呼ばれて本土からも多くの参拝者が訪れました。戦後、昭和29年に北海道知事より認証を受け、後に単立の神社となりました。大自然と調和する古代からの信仰を現在に伝える古社として、多くの人々から聖地として信仰されています。

  • 境内案内・御本社
    当社の御本社は北海道・小樽市に御鎮座しています。
  • 境内案内・東京分祠
    東京分祠は、東京都渋谷区代々木に御鎮座しております。
  • あらはばき神社
    謎多き神で、太陽、月、大地、生命力を司る龍神といわれています。
  • 龍にゃん(仮)
    金吾龍神社のマスコットキャラクターです。現在、名前を募集中です。