金吾龍神社について

御祭神

御本社

主祭神

大元尊神(だいげんそんしん)

大元尊神は「大元」の御名のとおり、万神に先駆けて存在する「神のはじめの神」であり、宇宙世界、大自然の形成、摂理、天地万物を造化育成される最も尊い根源神であります。

配祀神

国常立尊(くにとこたちのみこと)

最古の正史『日本書紀』において天地開闢のときに最初に現われた神です。
完成した大地を神格化した国土生成の中心的な神で、古神道では「国祖」として重視されています。

大山祇神(おおやまつみのかみ)

山を司る神で、火の神(かぐつち)から生まれたとされています。
八岐大蛇(やまたのおろち)神話で素戔嗚尊(すさのおのみこと)の妻となる奇稲田姫(くしなだひめ)の両親(あしなづち・てなづち)の父。また、天孫降臨神話で瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の妻となる木花開耶姫(このはなさくやひめ)の父でもあり、初代・神武天皇の曾祖父にあたります。

綿津見神(わだつみのかみ)

海を司る神で、竜宮に棲む竜王・龍神といわれています。
古代を代表する海神族の祖神で、豊玉姫と玉依姫という二人の娘がおりました。
海幸山彦の神話で姉の豊玉姫は山幸彦の妻となり、生まれた子が妹の玉依姫が結ばれて神武天皇が誕生します。

奥宮

荒波々幾大神(あらはばきのおおかみ)

太古より信仰されてきた謎多き神で、太陽、月、大地、生命力を司る龍神といわれています。

● 御神徳
病気平癒、開運厄除、商売繁盛、家庭円満、子孫繁栄、交通安全、海上安全、諸願成就、国土安穏、世界平和など

摂社・末社

稲荷神社

保食神(うけもちのかみ)

食物の神。「稲荷神」「字迦之御魂神」と同一視されることもあります。
江戸時代に進出した和人の崇敬者によって勧請されたといわれています。

白龍神社

白龍大神(はくりゅうのおおかみ)

龍神または白蛇の神。
大水口宿禰の祖神とされる「饒速日尊」といわれています。

御由緒・歴史

金吾龍神社の前身は、古神道宗家・大水口宿禰(おおみなくちのすくね)が改築した祠堂で、中世(室町時代)に「おおもとみや」「あらばきさま」等と呼ばれていました。

3万年前
 石器時代。北方先住民による石棒祭祀がはじまる

1万6000年前
 北の縄文人により、フゴッペ岬で磐座信仰がはじまる。

5000年前
 龍蛇神・アラハバキ信仰のはじまり
 現・西崎山に祭祀場(ストーンサークル)をつくる

4000年前
 アラハバキ大神が南下し、日本列島に広がる
 北海道→東北→北陸→出雲
       →関東→東海→伊勢→畿内

7世紀
 阿倍比羅夫の進出。古神道が伝わる。

13世紀
 アイヌがフゴッペチャシをつくる。

15世紀
   和人の進出が増える。
 神仏習合の信仰が伝わり、フゴッペに「祠堂」がつくられる。
 「おおもとみや」「あらばきさま」等と呼ばれていた。

16世紀
 近江商人の進出が増える。
 古神道宗家(69世)大水口宿禰が「祠堂」を改築。宮司に就任。

19世紀
江戸幕府が終わり明治の世になったとき、政府による神仏分離(廃仏毀釈)で「祠堂」が破壊されてしまいます。
また古神道の禁止、宮司の世襲禁止により神社が廃絶の危機に瀕しました。
しかし、このときの宮司、古神道宗家(81世)大水口宿禰の機転により「御神体」を救出してお祀りを守りました。
また弟子たちに各地で「講」を組織させ、御神徳を広げようと務めました。

20世紀以降
戦時中の神社統制が厳しくなり神社存続のため教派神道に所属し、第二次世界大戦後は、宗教法人として認証されました。

しかし、昭和40年代に不幸な時代(法難の時代)を迎えます。
たくさんいた弟子のひとり、その親族らにより神社が乗っ取られ、宝物や古文書等が失われてしまいました。
また自然災害や人口減少で氏子が減るなどが重なり、神社が壊滅状態になってしまいました。

そんななか、平成25年御神託により古神道宗家から大水口宿禰(88世)が宮司に就任します。

そこから復興活動に着手し、平成27年に東京分祠を開設。
時代に合わせ、さまざまな試みをしつつ復興活動に注力しています。

  • 境内案内・御本社
    当社の御本社は北海道・小樽市に御鎮座しています。
  • 境内案内・東京分祠
    東京分祠は、東京都渋谷区代々木に御鎮座しております。
  • あらはばき神社
    謎多き神で、太陽、月、大地、生命力を司る龍神といわれています。
  • 龍にゃん(仮)
    金吾龍神社のマスコットキャラクターです。現在、名前を募集中です。