悩みを解決する開運神社/東京

Web授与所
来社予約
お問い合わせ
友だち追加
アクセス

先祖供養・祖霊祭祀

先祖供養・祖霊祭祀

正しい先祖供養こそ、
ゆるぎない幸福への道

私たちを幸福へ導く、最も確実な方法が「神癒の業」と、霊界の法則に基づいた「正しい先祖供養」です。正しい先祖供養は不幸現象を解消し、人生に奇跡を起こします。

こんな方におすすめ

□故人や先祖のためになる供養をしたい方
□神様と先祖に守られる、幸せな生活を願う方
□不運や不幸が続いていて、運命を良くしたい方
□菩提寺がない、お寺との付き合いがない方
□事情があって、自宅で先祖供養ができない方
□残される家族に負担をかけたくない方

なぜ、先祖供養(祖霊祭祀)をすると人生に奇跡が起きるのか

家族に病気や事故、商売の失敗や金銭のトラブルを抱えていたり、子どもの不登校や拒食症で困っている、という人に聞いてみると、実は先祖供養を怠っていたり、間違ったやり方をしていた、という人が実に多いのです。そこで、正しく先祖供養をするようになると、不思議と体調が良くなったり、仕事や家庭が順調になったり、不幸・災難現象が止んだ、ということが起きてくるのです。
なぜでしょうか。

それは、今生きている私たちは、霊界にいる膨大な先祖から大きな影響を受けているからです。
例えるなら、先祖は「木の根」。両親が「木の幹」で、あなたは「木の枝」です。あなたに子がいれば「木の葉」であり、孫や子孫は「木の実」なのです。
木の根は地中(霊界)に埋もれていて見えませんが、地上(現実世界)の木の幹や枝葉を支えています。どんな立派な大木も根っこが腐ってしまったら倒れて枯れてしまいます。
同じように、木の健全な成長(家族や子孫の繁栄)を願うなら、根(先祖)を大切にするのは当然なのです。

先祖があって、今の私たちがあります。先祖は目に見えなくても、霊界にあっていつも私たちを見守ってくれています。ですから、霊界の法則に基づいて正しく先祖供養をすることこそ、私たちが幸福になるための確かな方法なのです。

正しい先祖供養の方法とは

墓参りは供養になりません
先祖供養というと墓参りのことだと誤解している人が多いようです。しかし、墓参りは供養になりません。なぜなら、先祖の霊魂が宿る場所はお墓ではなく、家庭に祀る霊璽(仏式の場合は、位牌)だからです。そして、先祖が子孫に会うための面会所にあたるのが祖霊舎(仏壇)なのです。
ですから、正しい先祖供養のためには、各家庭に祖霊舎(仏式の場合は、仏壇)を用意して霊璽(位牌)を祀る必要があります。
また、よく「本家に仏壇があるから」と分家でお祀りしなくていい、という人がいますが、それは間違いです。本家はもちろん、分家でも祖霊舎や仏壇を用意しましょう。それだけ先祖供養が丁寧になって先祖も喜ばれます。

祖霊舎と霊璽(仏壇と位牌)を正しく祀る
祖霊舎(仏壇)の位置や霊璽(位牌)の祀り方、また日々の家庭での供養のやり方が間違っていては、先祖の守護を得られないばかりか、災いを招きかねません。当神社では、皆さんに正しい霊界法則に基づいた先祖供養のやり方を丁寧にお伝えしております。

先祖まつりの神事
当神社では、祖霊(先祖の霊魂)の安寧を願い、春彼岸(3月)、観音祭(4月)、お盆(8月)、秋彼岸(9月)の年4回の先祖まつりの神事を行っております。宗教や宗派を問わず、どなたでもご供養していただけます。

神宮祖霊殿と慰霊祭
当神社の「神宮祖霊殿※」に先祖の御霊を祀りますと、神職が毎月ねんごろに「慰霊祭」を行いますので、継続的に先祖供養していただくことができます。また、永代祭祀(永代供養)も可能ですので、残される家族に負担をかけたくない方にも最適です。

※神宮祖霊殿は、納骨堂ではありません。遺骨は各自にて墓地や納骨堂の手配をお願いしております。
なお、墓地や納骨堂に心当たりがない方には、提携する自然葬霊園(散骨)をご紹介いたします。

喜びの声・体験談(一部抜粋)

正しい先祖供養・祖霊祭祀を行ったことで、ご守護をいただいた方から多くの喜びの声をいただいています。

  • 原因不明の病気が治らず悩んでいましたが、先祖供養の後に全快しました。(埼玉 42歳 女性)
  • 不思議と運がよくなり、仕事の昇進や子どもの受験などが成功しました。(神奈川 48歳 男性)
  • あきらめていた子宝に恵まれました。ありがとうございました。(群馬 34歳 女性)
  • 家族がいつも円満で、仲良く過ごせるようになりました。(山梨 38歳 男性)
  • 人間関係が良くなり、もめごとが収まり、よい出会いにも恵まれました。(東京 50歳 男性)
  • 先祖供養を続けていたら子供の非行がおさまり、登校できるようになりました。(東京 47歳 女性)
  • 家族・親戚に事故や災難が多かったのがピタリとおさまりました。(長野 56歳 女性)

神職からひとこと


神道では、古来「敬神崇祖」と言って、神様から御守護をいただき祖霊を大切にすることで、今生きている私たちが幸福なれると考えてきました。これから先祖供養をはじめていく方も、今までの先祖供養のやり方であっているのか不安な方も、この機会にお気軽にご相談ください。

初穂料

祖霊舎セット(祖霊舎・霊璽・神具一式)

15万円~

祖霊舎、霊璽のお祓い

3万円

祖霊遷霊神事

5万円~

神号軸

15万円

祖霊合祀祭(神宮祖霊殿)

5万円~

慰霊祭(神宮祖霊殿)

1万円~

ご予約・お申込みはこちら

当神社に来社(参列)しての先祖供養をご希望の方は、下記「来社・参列でのお申込み」からご希望日時をご予約ください。
また、諸事情により当神社に来社できない方は、下記の「遠隔・郵送でのお申込み」からお申込み下さい。当神社で御供養を斎行後に授与品をご郵送(日本国内のみ)いたします。

ご祈願・ご祈祷の種類

古くから、願いを叶えるには「正五九(しょうごく)参り」が大切とされます。
正月、5月、9月の年3回は必ずご祈願を受け、神様のご守護を頂きましょう。

PAGE TOP